QUALITY

構造・工法

地震の揺れを軽減する免震構造

地震の揺れを軽減

免震構造

基礎と建物の間に免震装置を設置し、地震の揺れが直接上部の建物に伝わらない・・・つまりは地震時にも住戸内は激しく横揺れしない安全な建物を実現したのです。免震構造は、従来の耐震構造に比べて家具の転倒や器物の落下がしにくく、また、避難出口や配管が破損しにくいので二次災害を防ぐ効果もあります。地震に強い先進のマンションが、暮らしの安全と大切な財産をお守りします。

免震マンション特集サイト


  1. 小梁の少ないボイドスラブ工法

    耐震性をUPする溶接閉鎖型帯筋

    建物を支える全階の柱の帯筋には容接閉鎖型帯筋を採用しました。つなぎ目が少ないため、地震の際の横揺れに強い構造になっています。 (一部除く)
  2. くいの安定性をアップする拡底アーズドリル工法

    断熱や防音に配慮した外壁・戸境壁構造

    外壁および戸境壁(一部除く)は約180mmのコンクリート厚を確保。 さらに、外壁の内側は断熱材とプラスターボードで断熱効果を高めています。
  3. 防音に配慮したコンクリートスラブ工法

    防音に配慮した床コンクリートスラブ構造

    床コンクリートスラブ厚は約200mmを確保しました。(1階住戸及び玄関、水廻り、一部居室等を除く)
  4. 拡底アースドリル工法

    杭の安定性をアップする拡底アースドリル工法(場所打鋼管コンクリート杭を使用)

    基礎工事に採用している場所打鋼管コンクリート杭の「拡底アースドリル工法」は、建築現場で特殊ドリル(アースドリル)を使い、支持地盤まで掘削してから、支持層内で先端部分の杭径を拡大した安定性のある杭です。
  5. 開口部の広いラーメン構造

    開口部の広いラーメン構造

    当物件は柱と梁で建物重量を支える「ラーメン構造」を採用しています。「ラーメン構造」は開口部を比較的広くとることができます。
  6. ボイドスラブ工法

    小梁の少ないアンボンド工法

    天井の小梁が少なくなり、すっきりとした空間でインテリアがより自由に楽しめます。(一部除く)
  7. 耐久・耐震性に優れたコンクリート強度

    建物の耐久性や耐震性に優れた圧縮強度が1平方メートル当たり約3,000t(附属棟を除く)のコンクリートを採用しています。
  8. 柱を外に出し室内をすっきりさせる アウトフレーム工法

    柱型をバルコニーに出すことによって、室内から柱型の突き出しを少なくするアウトフレーム工法を採用しています。空間がすっきりとして開放感があり、家具もコーナーにきっちりと配置できます。(一部除く)
  9. 安定した支持層まで建物の杭を施工

    当物件は地盤調査の結果N値50以上の支持層が地盤面約20.0~21.0mの所にあることがわかり、約23.0mの所へ、杭を施工して建物を支持させ、基礎の沈下対策が計られています。※N値とは地盤の固さを示す指標で50以上は建物の支持地盤として安定した地層とされています。※上記支持層の深さ等の数値につきましては設計段階のものであり実際と異なる場合があります。

※掲載の写真はモデルルーム(cb2タイプ)を撮影(平成29年12月撮影)したもので変更が生じる場合があります。また、家具・調度品は販売価格に含まれておりません。
※一部オプションが含まれています。掲載の設備・仕様・サービスに関しましては、予告無く変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。


お問い合わせ「ノブレス日吉WEST」インフォメーションセンター

0120-714-920

営業時間/10:00~18:00

※この新築マンションの掲載の情報は全て最終更新日時点のもので、変更となる場合があります。 ※1;東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県の一部(筑波地区、土浦地区):対象期間1996年1月~2016年8月15日、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県:対象期間1996年1月~2016年6月30日◎データ資料/エム・アール・シー調べ(2016年9月30日現在)


ナイス株式会社の公式ホームページはこちら
ナイス住まいの情報館への買い替えのご相談はこちら

↑